2008年05月29日

広島球場で三塁打exclamation

5月29日 対西武(涌井星野) 4打数2安打1打点1三塁打

2安打で打率も2割8分台まで上がってきました。

ンが〜、2000本を超えるヒットを打った天才打者が選手としても監督としても大した実績のない毛唐に理不尽な扱いを受けながらもけなげに仕事をしているのを見ると涙を禁じえません。

下手にこのまま勝ち星を重ねたりすることが果たして幸せなのかどうか・・・
posted by jackyhk at 23:31| Comment(3) | TrackBack(1) | デイリー前田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二日休養を挟んでもこの結果。流石です。前半戦にほとんどなかった長打が続けて出ている辺りからも調子の良さが伺えますね。

ブラウン政権の行方は……考え出すと胃が痛くなりますね。きっと来年はいないんだと信じているからこそ今季を堪え忍んでいけるわけですし……。

ある意味優勝云々よりも気になる問題ですね。
Posted by abe at 2008年05月30日 00:36
.284まで来ました♪
前田の表情も明るくなってきてうれしい限りです。

ブラウンのやりたいこと、多分スタメン組み換えを楽しんでるだけでしょう。
試合数と同じくらいのオーダー組んでいますよ(笑)
Posted by 1-1 at 2008年05月30日 08:39
>abeさん

そうなんですよ、今季限りと信じてるからこそ
我慢できてるわけでして。
ただし、決める人間がマトモではないので怖いです。

>1-1さん

調子上向くとスタメン落ち・・が今までのパターンでした。
明日はそんなことないと信じたいです。
Posted by jackyhk at 2008年05月30日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98474736

この記事へのトラックバック

求道者・前田、怒りの先制三塁打! ルイス、ハーラートップの7勝目!
Excerpt: ◆C3−1L◆ 求道者・前田を幽閉した途端に連勝が止まった事でナインの不信感を感じ取ったのか、ブラウン監督は仕方なく求道者・前田をスタメンに復帰させると、これが当然のごとく奏功。0−0で迎えた4回一..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2008-05-30 19:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。