2008年05月26日

連夜の2打点

5月26日 対ロッテ(小宮山シコースキー伊藤川崎)4打席3打数1安打2打点

4回打席に立てばこれくらいの結果は軽〜く出すのだから休養とか対左投手とかショームナイことは考えなくていいのだよ>ブラウン、アンダスタンexclamation&question

トゥデイズサプライズ
その1:シーボルディスアピア
その2:スペクテイターオーバートゥエンティサウザンド
posted by jackyhk at 23:04| Comment(3) | TrackBack(1) | デイリー前田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがの活躍ですよね。欲しい所できっちりと点を入れてくれる。休養日も挟めた事ですし、最早スタメンからが外す理由がありません(元々なかったですけど)。

大方の予想通りですけど、小窪がサードを無難にこなしちゃいましたね。あの某A氏の初期を思えば遥かに安心して見ていられますし、もうシーボルに固執する理由もないでしょうな。

いやしかしまさか交流戦でここまで気分が良くなれるだなんて……。DH前田しか見所ないと思ってました。
Posted by abe at 2008年05月27日 13:01
シーボルを下げたのは良くやったと思います。
出塁率をキチっと残している小窪は使ってやって下さい。

石原や栗原に何度か盗塁のサインを出しているのが気になるんですが、前田にも盗塁GO!サイン出るのかな?ケガはゴメンですね
Posted by 1-1 at 2008年05月27日 13:50
>abeさん

こうなるとゲームがないのが悔しいですね。
でも6連戦で必ず1試合は休養させられるよりは
ましですか。

>1-1さん

盗塁(それも無意味な)のサインはベンチがアホでも
選手の実力だけで勝ちだしたので自身の存在感を
アピールするためでしょう。
シーボルともども帰国が最善と思いますが。

Posted by jackyhk at 2008年05月27日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バーンサイド、来日初登板初勝利! ゴンザレス、薬物違反で電撃解雇!
Excerpt: ◆G4−3F◆ゴンザレスの離脱に乗じて一軍に昇格した直輸入新助っ人・バーンサイドに、ようやくベールを脱ぐ時が訪れた。初回、いきなり村田,高口と連続三振に斬って取ったバーンサイドは続く田中もファーストゴ..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2008-05-26 23:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。