2004年11月03日

くたばれ!楽天イーグルス、がんばれ!

近鉄とオリックスの合併に端を発した(もっと遡ればチーム名の命名権売却潰しから)一連の騒動も、どたばたした割には結局機構側の思惑どおり決着するという面白くもなんともない結末になってしまいました。それなら始めからライブドアなり楽天なりが近鉄を買収すれば済んだ話ですが、日本一の営業路線距離を誇る近畿日本鉄道がポッと出の新興企業の軍門に下ることだけはさすがにプライドが許さなかったのでしょう。わからなくもないです。

ま、痴呆老人脱税王が表舞台から(表面上だけでしょうが)消えただけでも良しとして、今後のこともあるので(西武・ダイエー・ロッテ・広島あたり)参入企業審査の手順・手続きについて釘を刺しておきます。(誰にやねん)
読売新聞11月3日朝刊3面実行委は先月29日、二社の申請に対し基準をクリアすれば、いずれの参入も受け入れるのか、もしくは相対評価でいずれか一社にするのかを協議、今回に限っては「両社が宮城県という保護地域で、同じ専用球場を持ち、選手確保、観客動員数、日程編成などの点から両方の参入を認めることは現実的に不可能」と判断、一社に絞ることとした。

相対評価とした理由のうち納得できるのは「選手確保」だけ、あとは全てこじつけです。「日程編成」はもともと来年は5チームでやるはずでしたから理由になりませんし、残りは楽天が土壇場で仙台に割り込んだために起こったことでこの点に限って言えばライブドアに優先権を認めるべきでしょう。少なくともライブドアに対し「仙台以外の保護地域」での再申請を打診するのが、窮状にあえぐ球界へ参入を申し出たライブドアへの礼儀というものです。

百歩譲って相対評価を是認するとしても、絶対評価であればライブドアに参入資格を認めたのか否かを公表しなければいけません。認められなかったのならどの部分が欠けていたのか何が足りなかった(または問題になった)のかを明らかにし次回以降の審査にも適用することが求められます。そうしない限り今回の審査は「楽天だけを参入させるため」に行われたといわれても仕方がありません。

新参入球団、審査小委は「透明性」と「公平性」重視(Yomiuri On-line)
あほらしいので引用表記しませんが、「透明性」や「公平性」とは記者の携帯電話を取り上げることや厚さ6cmの資料(誰が全部読むの?)を公開することではなく上に書いた事柄をきちんと説明することです。

以下相変わらずの読売新聞にもツッコミを入れておきます。
(引用はすべて11月3日朝刊大阪本社14版)
3面(署名:小石川弘幸)球界は、楽天の安定感を選んだ。球団経営者、とくに慢性的な赤字に苦しんできたパ・リーグの経営者たちにとって、それは必然的な選択だった。

全く意味不明。自分のところの赤字と参入球団の安定感にどんな関係があるんでしょう?まさか楽天に資金援助を期待してるわけでもあるまいに。。。
3面(署名:小石川弘幸)先に名乗りを上げた方をえらぶべきだ、という声がある。(中略)ライブドアは、確かに一定の役割を果たした。だが、それだけで参入を認めるのは難しい。(中略)つぶれてしまっては元も子もない。一球団の倒産や消滅は、それだけで終わらず、リーグ全体、プロ野球全体に一気に波及する。

どうもこの記者は「ライブドアが参入しても、すぐにその球団はつぶれる」という前提で記事を書いてるようです。何か確たる根拠があるんでしょうか。相対評価で参入がならなかっただけのことですが。。。

プロ野球界に新風は吹くか(社説)
「楽天」参入参入審査では球団を長く安定的に経営していくだけの体力と熱意があるか、公共財としてふさわしい企業かどうかが、厳しく問われた。

厳しく問われたのはライブドアのアダルトサイトについてだけのような気が(笑)この社説も相対評価を絶対評価にすり替え「ライブドアよ、もう二度とでしゃばるな」という臭いがぷんぷんします。よほどライブドアの乱入による1リーグ制の頓挫が気に入らないようですね。
これからも楽しい社説を期待します。

それにしても読売新聞のハリキリ様は凄いです。
第一面トップに始まって第二面に「顔」で三木谷を持ち上げ第三面は全頁特集と社説、第8面の経済欄でも取り上げ24・25面のスポーツ欄はもちろんのこと39面社会欄でもデカデカ記事、おまけに第一面下部の「編集手帳」もこの話題。
さすが世界一の発行部数を誇る大衆紙の面目躍如です。

この記事のトラックバック先;
それでいいぞホリエモン(^^ぽちっとな^^)
「赤字の改善」は何故できないのか。(sunrain)
ありがとうライブドア、これからもよろしく(at most countable)
とにもかくにも、パ・リーグに新たな仲間が増えました(にわか日ハムファンのブログ)
楽天の参入が決定。(マリンブルーの風)
どこまで変われるのか、プロ野球改革はこれから(大西 宏のマーケティング・エッセンス)
”楽天球団”はベターな選択(ば○こう○ちの納得いかないコーナー)


posted by jackyhk at 13:43| Comment(3) | TrackBack(8) | 野球戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBいただきました。

>楽しい社説
讀賣の主筆であらせられる痴呆老人のにらみがききすぎるのか(笑)記述者は特定の人物のために書かれ、献上されたものを社説と称しています。
出来レースをいかにそれらしく見せるかに腐心したクソ審査こそ「厳しく」問われるべきです。
Posted by sunrain at 2004年11月03日 14:59
こんばんわ。
楽天イーグルス聞くだけで嫌悪感を感じます。
ぞぞっとな。一生一番嫌いなチーム(巨人よりも。いつまであるかわかりませんが)であることは間違いありません。
まあしかし、楽天を選ぶことは間違いとはいいません。でも、ぼくは正直にしてほしいだけです。裏で画策するやり方が気に食わないのです。
それより、地獄のキャンプといっていきなり強化選手の尾形が故障なんて、その軟弱さの方が問題だと思います。
Posted by ^^ぽちっとな^^ at 2004年11月03日 23:23
初めまして。TB及び書き込み有難うございました。

別に御追従する訳ではないですが、カープというチームは旧12球団の中でも一番企業努力をしているチームだと思います。金銭的余裕がないという背景はあるにせよ(失礼!)、他から安直に金銭で戦力をかき集めるのではなく、自己戦力を鍛え上げたり、海外に若手育成機関を設ける等、頭が下がる思いです。ですので、冗談にも「ジャイアンツのぬくもりで存続している」等と仰らないで、胸を張ってカープを自慢して下さい(^o^)v。

何はともあれ、新球団として誕生した”楽天イーグルス”には、球界活性化の為に頑張って欲しいです。誕生迄の不透明な経緯から、アンチ楽天という声も多く見聞しますが、(楽天イーグルスに所属する事になる)選手達には全く罪が有りません。ホークスの様に、強く、地元民に愛されるチームになって欲しいと願うのみです。

これからも宜しく御願い致します。
Posted by giants-55 at 2004年11月04日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「赤字の改善」は何故できないのか。
Excerpt: 楽天は球団職員の応募をネット上で開始。「新規参入決定記念セール」も自社サイトの楽天市場で行うなど、着々と自社の利益確保を行いつつある。「地域還元」どころか地元業者が入る余地もあまりなさそうだ。&nbs..
Weblog: sunrain
Tracked: 2004-11-03 14:40

楽天の参入が正式承認! 50年ぶり新規球団誕生
Excerpt: 新規入団に関して、いろいろ書きました。特にライブドア支持の方読んでみてください。
Weblog: 夏炉冬扇
Tracked: 2004-11-03 17:26

仙台を本拠地とする野球新規球団は「楽天」に決定!
Excerpt: あー、決まってしまいましたね! 楽天に決まったそうです。 個人的にライブドア派だったのでちょっと残念。 問題は地元仙台の人たちは圧倒的にライブドア派が多いから、どう世論が反応するかだな。 ..
Weblog: EPICトランスブログ【THE・恍惚イズム】
Tracked: 2004-11-04 00:55

パリーグの英雄?ライブドア堀江社長
Excerpt: 負けて勝ちましたね。 仙台市民“堀江社長ありがとう” 「彼が手を挙げなければパは消滅していた」  杜(もり)の都が歓喜に酔いしれた。楽天のプロ野球新規参入が決定した2日夕、本拠地となる仙台..
Weblog: 六本木ではたらく社長のブログ
Tracked: 2004-11-04 01:07

新規球団…楽天に決定
Excerpt: プロ野球の来年からの新規球団が決定しました。 その球団は… 東北楽天ゴールデンイ...
Weblog: Party?Party!@neppie.com
Tracked: 2004-11-04 01:15

2つの野望とプロ野球
Excerpt:  参入が決まった瞬間に強気のコメントに転じた三木谷氏と落選が決まった瞬間に不満の捌け口を求めた堀江氏。対照的な表情の底に2つの野望を見た。  参入すれば楽天よりもうまく経営をする自信があったと堀江氏..
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2004-11-04 08:42

とにもかくにも、パ・リーグに新たな仲間が増えました
Excerpt:  「妥当な結果」と捉える人もいれば、「出来レース」と批判する人もいるでしょう。ともあれ、来季から参入するのは東北楽天ゴールデンイーグルスと決定しました。東北を本拠地とする初めてのプロ球団の誕生です。 ..
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2004-11-04 12:03

悲劇も度を超すと、もはや喜劇でしかない
Excerpt: 分配ドラフト終了。 振り分けられた選手一覧を見ながら、バファローズの選手たちに「まさかこんな目に遭うとは思ってもいなかっただろうな。気の毒に」と同情していたが、まぁ球団消滅なんて憂き目には遭わなくと..
Weblog: 楽天的脳天気 雑記編
Tracked: 2004-11-11 18:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。