2007年12月27日

その時が近づいている

1億7千万円は大金ですが・・・

前田智は4000万円減 2000安打は加味なし(日経)前田智は「(ダウン提示は)自分の力的にも、数字的にも、しょうがないでしょ。けがが続いて、野球選手のレベルに至っていなかった」と淡々と話した。(中略)「年齢的なこともあり、かなり衰えがきている。もう1年悔いの残らないようにやりたい」と語った。


傍から見る以上に肉体的にはシンドイんでしょうね。残念ですが来季で見納めになりそうです。


posted by jackyhk at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | デイリー前田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
得点圏打率3割以上、2000本安打達成、.285 15本 71打点の成績で4000万も下がるなんて流石カープですねぇ。

打点(71)と得点(41)を足した112が、梵英心内野手(125)より低く、中軸として物足りなかった点が、ダウンにつながった。

前田の後を打つ打者が軒並み得点圏打率が低いのでこんな比較のされ方は心外でしょう。

前田は今度怪我したら引退でしょうから、来期は目いっぱいのプレーを見せてくれると思います。
怪我のないように祈りますよ....
Posted by 1-1 at 2007年12月27日 14:07
>1-1さん
下がるのは仕方ないような気もしますが、よくもまあアホらしい屁理屈をひねり出すものではありますね。選手のモチベーションを下げようとしているとしか思えません。

ともあれ今年もご愛読&コメントありがとうございました。来季もよろしくお願いします。良いお年を。
Posted by jackyhk at 2007年12月27日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。