2008年06月15日

継続は力なり

先人の言葉をかみしめる今日この頃です。

続けていればそれでよいというものではないことは重々承知していますが続けていること自体が重要または貴重であることもまた事実で結局こんな意味不明の文章を書いてしまうという。

中日の井端が足を痛めているにもかかわらず連続試合出場(もしかしたら連続イニング出場?)のために(あまり走らなくてもよい?)6番に下がって試合に出続けてるそうです。立派なプロ根性だと褒め称えるか自分勝手な利己主義でチームにはマイナスだと憤慨するか、私は中日のファンでももちろん井端ファンでもありませんが今の心境からは前者に一票。
posted by jackyhk at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | なんやかや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただ続けたところで望む結果が手に入るほど世の中は甘いものではないですけど、ただ続ける事も出来ないような人間に一体何が出来るのだと言われれば、それも又真理ですからね。

壊れる事も厭わず直向きに野球をする姿勢は、どんなに無様に映ったとしても、わたしはその無様さこそが美しいのだと、何よりも心を打つのだと思います。それを情けないとか往生際が悪いとか断ずるのは、「何かに心から本気になったことのない人間の戯れ言」です。

でも最近はそういうのがクールじゃないって風潮になってますからね。寂しい話です。
Posted by abe at 2008年06月16日 19:27
>abeさん

コメントありがとうございます。
今日(17日)の前田を見て観念しました。
継続は難しそうです。
Posted by jackyhk at 2008年06月17日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。